So-net無料ブログ作成

父の他界5 ~お墓問題と納骨~

すっかり間が空いてしまいました。
先日、父の納骨をすませてきたので、これで最後にしようと思います。

家族葬での通夜、告別式(お別れ会)は
打ち合わせ通り家族だけでとりおこないました。

家族葬で参列はご遠慮したいとお知らせに書いてあっても、
通夜、告別式ともに近所の方が何名かみえたのですが、
食事の用意等なにもしていないので
通夜はお線香だけあげて帰っていただきました。
告別式はそのまま納棺まで出て頂きましたが・・。
家族葬は予定外の人がいらっしゃった際の対応が大変かもしれません。
(むしろ場所とか知らせない方がよいのかも。)

その後、休暇も終わり普通の生活に戻ったのですが
姉から連絡があり、お墓のことで少し困ったことになっているとのこと。

お墓については、父の生前から両親がすでに墓地の区画を購入しており、
あとは墓石を建てるだけの認識でした。
母の友達が父と同じくらいの時期に旦那さんがなくなり、
無宗教で墓石を建てようとしたところ、XX宗でやらないとだめと言われたとのこと。
墓地を購入することは宗派関係なくできたようですが・・。
結局、その友達は底の墓地の権利を放棄して、公園墓地を新たに契約したそうです。

うちで購入していたところと同じではないものの、
姉妹施設のようなところで、うちも同じことを言われるかもしれない・・。

家族で考えた結果、その友達が購入したという公園墓地をあらためて見に行くことにしました。
見に行ったところ、とても大きいところで、施設も充実しており、
値段も思っていたより全然安かったため、見学だけのつもりがその場で契約することにしました。
天気が良い日には富士山もくっきり見えるため、
山登りが好きな父にはちょうど良い場所ではないかと思います。
契約は当初、母の名義にしようとしましたが、今後を考えて長男の私の名義にすることにしました。
いつか、自分もあの墓に入るんだなあ・・。

契約していた墓地には連絡を入れて権利を放棄することにしました。
墓石はたっていないものの、墓地用の整備はされており、
権利放棄すると一度現状回復をしないといけないので
お金がかかるとのことでしたが、後日、現状回復は行わないので不要との連絡がありました。

公園墓地のほうは、斎場からの紹介ということもあり、いろいろとサービスをしてくれました。
他のお墓を見てびっくりしたのは、墓石と言うと一般に縦長でXX家と入っているイメージですが、
ほとんど横長の墓石で、「ありがとう」とか言葉が入っている墓石が多かったこと。
なかには「xx家」の記載もなく、「絆」としか入っていない墓石もあったりして、
これじゃどこの家か分からないよなあ・・とか思ったりして。

結局、うちは「xx家」と「ありがとう」の文字、あと桜の絵を入れてもらうことにしました。

その後、文字原稿の確認、レイアウトの確認等があり、お墓が出来たのが4月下旬。
納骨は5月2日にしました。
納骨と言っても無宗教なので、当然お坊さんは呼ばず、
お線香をあげたあと、骨壷をいれてもらうだけで、30分もかかりませんでした。

終わってから、皆でカニ料理屋で食事をしました。

これで、ようやく一段落したかんじです。
また、夏休みにでも皆で旅行しようか・・なんて話をしています。

これからは実家にも1ヶ月に1回は顔を出すようにして、
姉家族を含めたイベントも定期的にやれればいいなと思ってます。

最後に・・。

お父さん、今までありがとう。
いずれそっちに行く時まで、天国から皆を見守っていてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。