So-net無料ブログ作成

父の他界3 ~葬儀の打ち合わせ~ [日常]

翌朝、僕は朝一で会社の上司に事情を説明し、
週末まで4日間、服喪休暇を頂く旨伝えて、
この1週間で僕がやる予定だった作業の引き継ぎをメールと電話でしました。

母は早速お金をおろしに行き、葬儀場から電話が来る時間には姉も来て
連絡を待ちました。やがて電話がかかってきて、話したところ土曜の火葬場は問題なし、
金曜の通夜の会場が15人ほどのところが20時からでないと使えなく、
30名ほどのところなら空いているとのこと。

今回、家族葬で母と姉一家、それから僕の家族と、
それぞれの相手の肉親のみこえをかけることにしたので、最大でも15名は行かず、
30名の部屋はさびしいかな・・と思いましたが、
うちの娘も3歳だし、20時開始ではさすがにつらいか・・と
通夜は30名の部屋で18時から行うことにしました。
告別式は少し早目の9時30分開始としました。

うちあわせ自体は15時30分からと決まったため、
それまでの間、やれることをやっておこうということなり、
遺影の写真を決めたり、父の実家のある金沢の親戚に連絡を入れたりしたあと、
まだ降ろしていない銀行の預金を降ろしたり、
父が毎日行っていたスポーツクラブの退会手続きをしにいきました。
(なんでもこの日までに手続きしないと会費が引き落とされてしまうそうで・・)

スポーツクラブは、定年後、父と母がずっとやっており、
母も仲間が沢山いて、退会手続きをしに行った時も何人かに声をかけられ、
事情を説明してました。
しばらく休会しようか・・と母は言っていましたが、
仲間もいるんだし、行ける時に行ったら・・と話をしました。

その後、時間になり、葬儀会場へ。
うちあわせにはこの日来てくれた妻と娘も同席しました。
(娘はずっとアナ雪を歌ってたりして、うるさかったものの場が和んで良かったかと思います。)

式場の人はてきぱきと順序立てて質問をしてくれ、
迷った時はパッとタブレットで写真を見せてくれて、物事を決めてくれました。

無宗教の家族葬の場合は、お坊さんを呼ばないため当然お経などもなく、
かなり自由とのこと。

例えば、ジグゾーパズルが好きだった個人をしのび、
納棺までに皆でラッセンのパズルを完成させたりだとか・・

まあ、父の趣味と言えば、昔山登りが趣味だったと聞いたことがあるし、
あとは年とってから始めた競馬とか・・定年後行きはじめたスポーツクラブとか。
なので、あまり突拍子もないことはせず、
お通夜と告別式(・・じゃなかったお別れ会にしたんだった。)をやることにしました。

食事は身内だけだし、父も食べることは好きだったので
通夜もお別れ会も会席膳の一番良いやつにしました。

両親は葬儀会場の会員になっており、すでに完納しているのですが、
払った料金以上に会員特典で無料になったり、割引になったりしたので
会員になるのも良いものだなあ・・としみじみ思いました。

この日は疲れたので、家族で早く帰ることにしました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。