So-net無料ブログ作成

父の他界2 ~葬儀会場で~ [日常]

葬儀会場にいく際、言われたのが
病院で書いて渡してくれた「死亡診断書」を肌身離さず持っていてくれとのこと。

葬儀会場でも必要になるし、その後の手続きや、火葬する際の許可書も
これがないと発行されないそうです。

母は耳が遠いので、僕が霊柩車に乗り、「死亡診断書」を持っていきました。

葬儀会場につ行くと、遺体の安置方法について、
どのようにするか?宗派があるか?等聞かれました。

正直、宗教のことはよく分からなかったので、
一般的にやっている仏教のやり方で準備してもらいました。

しばらく、家族と待っていると「準備が出来ました」と呼ばれ、
きれいになった父と対面し、死水を行いました。
死水とは、わりばしにつけたガーゼに水を含ませ、
唇を拭くことをいいます。
臨終の際、口を潤すために行うとのこと。

それから、お線香をあげて一息ついた後、少しだけ打ち合わせ。

喪主は母がつとめること、今回、両親の希望により家族葬で行うこと、
宗派はなく、無宗教で行うこと等を伝えました。

それから友引は火葬場がやらないため(最近はやっているところも増えているようですが)、
木曜には告別式が出来ず、金曜は激混みとなるため、
金曜にお通夜、土曜に告別式が最短と言われました。
詳しくは翌日うちあわせの連絡の際に、火葬場の状況を調べて教えてくれるとのこと。

夜もだいぶ更けてきたので、この日はこの辺にして家に帰りました。

取り急ぎ、銀行など金融機関は、
本人が死亡したことが分かると相続の関係でもめるのを防ぐため、
口座を凍結してしまうということで、
翌日はキャッシュカードで降ろせるだけお金を降ろしておこうと話して姉は帰り、
僕は実家に泊まりました。

さすがにこの日はほとんど寝れませんでした。

~その3に続く~


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。